スポンサーリンク

アジア大会2018サッカーネパール戦フォーメーションやメンバーは?

Sponsored Links

第18回アジア競技大会2018(ASIAN GAMES・インドネシア・ジャカルタ・パレンバン)・サッカーが8月14日(火)から始まります。

出場26チームを6組に分けて1次リーグを戦い、各組上位2位までと3位の成績上位4チームの合計16チームが決勝トーナメントに進みます。

日本チームはD組で、ネパール、パキスタン、ベトナムとの対戦です。

正直、格下相手の予選です、誰が見ても、1位突破で決まりです。

日本代表の初戦は、8月14日(火)19:00(日本時間21:00)にジャカルタで、ネパール代表と対戦します。

Sponsored Links

初戦ネパール戦は

ネパール代表チームとは?

FIFAランキングは161位、アジアサッカー連盟内32位です。

ちなみに日本代表は、

FIFAランキング61位、アジアサッカー連盟内4位です。

過去の日本チームとの対戦成績は、3試合対戦し、3勝0敗(14得点0失点)です。

ほぼ間違いなく、勝利で終わります

ここで、どんな戦い方をするのか?

今後のアジア大会での、戦い方がわかる試合となります。

フォーメーションは

森保監督の代名詞である、森保シフトといわれるフォーメーションは3-2-4-1で決まり。

(3-4-2-1(基本))

試合中にこのフォーメーションは、相手によって流動的に変化しながら対応します。
攻撃をするときは、3-2-4-1から4-3-3へ
守備に回るときは、3-2-4-1からサイドハーフの二人がDFラインに吸収され、5-4-1へと変化します。


(5-4-1(守備))

試合の流れで、臨機応変にスタイルを変えながらの戦うのが森保監督の意図するところです。

この戦術を理解する選手でないと、生き残ることはできなさそうですね!

指導も徹底的にチームに戦術を浸透させて、成熟させないと機能しない危機に陥る可能性もありそうですので、

今回の大会には、まだ 成熟度は完成途中ですので、試行錯誤の戦いとなるでしょう。

また、個人の能力を見極めることにも時間をかけたいところです。

スタートメンバーは

スタメン予想してみました。

GK

小島 亨介 [早稲田大]

DF

板倉 滉 [ベガルタ仙台]

立田 悠悟 [清水エスパルス]

杉岡 大暉 [湘南ベルマーレ]

MF

三好 康児 [北海道コンサドーレ札幌]

三笘 薫 [筑波大]

遠藤 渓太 [横浜F・マリノス]

岩崎 悠人 [京都サンガF.C.]

松本 泰志 [サンフレッチェ広島]

FW

前田 大然 [松本山雅FC]

テレビ放映

アジア大会は8月19日(日)午後6位30分からTBS系列にて、連日ゴールデンタイムに生中継します。

サッカー男子・予選リーグ グループD「日本」対「ネパール」

NHK BS18月14日(火) 午後8:50~午後10:55(125分)にライブ放送されます。

くわしくは、テレビ番組表を見てください。

まとめ

アジア大会2018・サッカーは、開幕前に1次リーグがスタートします。

初戦がネパールチームと8月14日(火)に対戦、どんなフォーメーションで、誰がスタートメンバーになるのか、予想してみました。

森保新監督の初陣です。

ぜひ 勝利でスタートを切ってほしいと思います。

このアジア大会は、TBS系列で、8月19日(日)午後6時30分から、連日ゴールデンタイムで生中継が決まってます。
また、
アジア大会 男女サッカー日本戦全試合動画配信サービス「Paravi(パラビ)」(有料放送)での配信も決定しました。まずは無料体験(申し込み月は無料)で視聴するといいと思います。

〔サッカー〕の競技解説は
【男子】福田正博(元日本代表/1990年アジア大会代表)
【女子】加藤與恵(2006年アジア大会・銀/2008年北京五輪・4位)
です。おたのしみに!

最後まで有難うございます。

Sponsored Links