スポンサーリンク

昌平高校サッカー部メンバー2018出身チームや注目選手と10番

Sponsored Links

平成30年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会・3位

2017年第96回全国高校サッカー選手権大会【埼玉県代表】3年ぶり2回目の出場。

2018年全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会【埼玉県代表】3年連続3回目の出場。

今や埼玉県でも強豪チームに成長した【昌平高校】です。

夏に行われた、平成最後のインターハイでは、高知中央、青森山田、札幌大谷、大津という強豪がひしめくブロックに入ってしまいました。

1回戦の高知中央を6-1で勝利すると、2回戦は優勝候補に名前が挙げられている青森山田を、4-2で逆転勝利、3回戦の札幌大谷、この試合も3-2で逆転勝利し連日の大逆転劇を見せてくれました。

前回出場(2016年)のときは初出場でベスト4以来のベスト8に名乗りを上げました。

準々決勝の相手は、U-18日本代表を揃えるタレント軍団大津高校です。

一進一退の拮抗した試合を決定づけたのは、後半アディショナルタイムに、この日絶好調のMF原田虹輝選手が、先制点に続く決勝点をたたき出したのです。

大津高校のタレント軍団でも、この原田選手のドリブル突破は阻止できませんでした。

2年ぶりベスト4に進出です。

そして、準決勝の桐光学園との試合は「スペシャルな選手がいるチームなので」気持ちを切り替えて望まないと難しい試合になると、藤島監督は選手を鼓舞していました。

スペシャルな選手がいるチームなので」そう、桐光学園の怪物ストライカー2年生の西川潤選手です。桐光学園の準々決勝は富山第一高校相手に5-0で勝利し、この試合で西川選手はハットトリックを達成

絶好調の状態で、準決勝に臨みます。

翌日の準決勝は天候が不順な状態で行われ、両チームとも一歩も引かない展開で前半を0-0で折り返しました。

後半開始5分桐光学園が先制すると、昌平高校はあっという間に10分間で3点失ってしまいました。

昌平高校が追いかける展開となったところで、天候が急変し、4時間半の中断

中断明けからは、昌平高校が怒濤の攻撃を展開し、後半20分にFW森田翔選手が1点を返し反撃開始体制に入ったところで、再び天候が悪くなり25分の中断。

残り3分のところで再開され、攻め続ける昌平高校アディショナルタイムに、超絶技巧派1年生MF須藤直樹選手が得点したと同時にタイムアップとなり試合終了。

反撃も追いつかず2-3で敗れてしまい、決勝の夢が遠のいてしまいました。

中断をはさんで再開、再再開を繰り返し1点差まで追いついた昌平高校の粘りと気迫は、この大会で最も観客を魅了させた試合であることは確かです。

この悔しさは、冬の選手権にぶつけ、4強以上を目指す原動力にして欲しいと思います。

今や押しも押されぬ強豪校となった「昌平高校サッカー部のメンバー」を紹介します。

昌平高校サッカー部のメンバー

▼GK

1 牧之瀬皓太
  マキノセ コウタ
■ポジション:GK
■2001-06-20
■175cm/64kg
■学年 :2年
■出身チーム:GRANDE
16 関根晨大
  セキネ アキヒロ
■ポジション:GK
■1999-08-05
■172cm/67kg
■学年 :3年
■出身チーム:FC LAVIDA
30 中島蒼
  ナカジマ アオイ
■2001-05-28
■175cm/64kg
■学年 :2年
■出身チーム:
30 緑川 光希
  ミドリカワ コウキ
■174cm/68kg
■学年 :3年
■出身チーム:FC古河(茨城)

▼DF

2 堀江貴大
  ホリエ タカヒロ
■ポジション:DF
■2000-04-26
■177cm/67kg
■学年 :3年
■出身チーム:大宮アルディージャJrユース
3 吉田航
  ヨシダ コウ
■ポジション:DF
■2000-05-18
■174cm/66kg
■学年 :3年
■出身チーム:CLUB ATLETICO ALEGRE
4 阿部天翔
  アベ タカト
■ポジション:DF
■2000-09-29
■177cm/65kg
■学年 :3年
■出身チーム:成立ゼブラ
5 関根浩平(注目選手〕
  セキネ コウヘイ
■ポジション:DF
■2000-08-25
■177cm/66kg
■学年 :3年
■出身チーム:栃木SC Jrユース
18年全国高校総体優秀選手
13 伊藤雄教
  イトウ ユタカ
■ポジション:DF
■2001-02-13
■178cm/70kg
■学年 :3年
■出身チーム:FRIENDLY
23 岩本澄都
  イワモト スミト
■ポジション:DF
■2000-10-13
■170cm/61kg
■学年 :3年
■出身チーム:
25 山本蓮
  ヤマモト レン
■ポジション:DF
■2001-02-27
■175cm/63kg
■学年 :3年
■出身チーム:FC LAVIDA
19 石塚稜真
  イシヅカ リョウマ
■ポジション:DF
■2000-08-02
■168cm/63kg
■学年 :3年
■出身チーム:浦和レッズJrユース
29 常田航凜
  ツネタ コリン
■ポジション:DF
■2000-11-11
■172cm/65kg
■学年 :3年
■出身チーム:

▼MF

6 丸山聖陽
  マルヤマ セイヨウ
■ポジション:MF
■2001-02-01
■168cm/60kg
■学年 :3年
■出身チーム:FC LAVIDA
7 木下海斗
  キノシタ カイト
■ポジション:MF
■2001-03-23
■173cm/62kg
■学年 :3年
■出身チーム:浦和レッズJrユース
8 原田虹輝(注目選手)
  ハラダ コウキ
■ポジション:MF
■2000-08-06
■166cm/60kg
■学年 :3年
■出身チーム:クラブ与野
       18年全国高校総体優秀選手
■代表歴:18年:日本高校選抜
9 渋屋航平
  シブヤ コウヘイ
■ポジション:MF
■2000-07-17
■180cm/70kg
■学年 :3年
■出身チーム:FC LAVIDA
14 古川勇輝
   フルカワ ユウキ
■ポジション:MF
■2000-05-25
■171cm/58kg
■学年 :3年
■出身チーム:大宮アルディージャJrユース
17 渡邉建太
   ワタナベ ケンタ
■ポジション:MF
■2001-05-16
■166cm/55kg
■学年 :2年
■出身チーム:FCクラッキス松戸
20 大越俊也
   オオゴシ シュンヤ
■ポジション:MF
■2000-06-29
■168cm/63kg
■学年 :3年
■出身チーム:ACアスミJrユース
  小原大珠
   オバラ ダイジュ
■ポジション:MF
■2000-05-10
■168cm/60kg
■学年 :3年
■出身チーム:
  植村朋弥
   ウエムラ トモヤ
■ポジション:MF
■2000-09-28
■172cm/62kg
■学年 :3年
■出身チーム:

▼FW

10 須藤直輝(注目選手)
   ストウ ナオキ
■ポジション:FW
■2002-10-01
■163cm/52kg
■学年 :1年
■出身チーム:大宮アルディージャJrユース
■代表歴:18年:U-16日本代表
     17年:U-15日本代表
11 森田翔
   モリタ ショウ
■ポジション:FW
■2000-10-04
■174cm/60kg
■学年 :3年
■出身チーム:栃木SC Jrユース
       18年全国高校総体優秀選手
12 西村悠希
   ニシムラ ハルキ
■ポジション:FW
■2000-11-21
■172cm/65kg
■学年 :3年
■出身チーム:CLUB ATLETICO ALEGRE
15 大和海里
   ヤマト カイリ
■ポジション:FW
■2001-05-26
■168cm/55kg
■学年 :2年
■出身チーム:VIVAIO船橋

注目選手

身を挺した守備で、インテリジェンスにあふれたディフェンダー*******************

DF:関根浩平(3年)
状況判断やカバーリングに優れたセンターバックです。

知的なだけでなく、ポストに激突しながらもクリアするなど、身を挺した守備が定評です。

昨年からの課題で取り組んできた、相手との競り合いでの強さも向上し、総合力が高まりました。

圧倒的な攻撃センスを持つボール回しの中継点!******************************

MF:原田虹輝(3年)

2018年日本高校選抜に選ばれたときは、唯一の2年生でした、周りを気にせず、左足から繰り出す高精度のキックは素晴らしいものを持っていま

高い技術と戦術眼を持ち合わせ、抜群の位置取りでボール回しの中継地点となる昌平高校のキーマンです。

この男にボールが渡れば、攻撃の最終局面への道筋が開けたも同然です

インターハイ準々決勝の大津戦では素晴らしいパフォーマンスで2得点し、Jのスカウト達から「今大会最大の発見」と称賛を送られました。手に負えない「ボランチのドリブラー」です。

(2019年新加入内定)

J1 川崎フロンターレに新加入が内定したと発表。(10/16)

ルーキーにして10番を背負う期待値マックスのアタッカー!**********************

FW:須藤直輝(1年)U-16日本代表

2年連続でプロ輩出昌平高校で1年にして10番を背負い、物怖じしない性格と、高度な技巧が魅力で、今年のインターハイ出場権が懸かる県予選準決勝では、相手のDFの股を通すパスでゴールをお膳立てする度胸のよさ。

また、インターハイ準決勝で、雷雨のために中断した時にも、ロッカールームでリフティングの妙技をみんなに披露し、絶賛されていました。藤島監督からも「いや、本当にうまいですよ」とあらためてその妙技に感心させられていました。本人の最大の武器はその超絶技巧だそうです。

準決勝桐光学園に敗れはしましたが、試合後視察に来ていた、Jクラブのスカウトが「昌平の10番は何者ですか?」と言わせる程のインパクトがあったのは事実です。まだ1年ですから、これからの成長が楽しみな選手の一人でもあります。

最後に

今回「昌平高校サッカー部メンバー2018出身チームや注目選手と10番」では、埼玉県の強豪校に成長した「昌平高校サッカー部」を紹介しました。

とんでもない超技巧派の1年生、ボールを持ったらゴールまでの道筋が見える「ボランチのドリブラー」、インテリジェンスにあふれたディフェンダーと好選手を多数そろえたタレント性抜群のサッカー部です。インターハイは惜しくも、ベスト4でしたが、冬の選手権では、まず埼玉県代表になり、全国大会で、ベスト4以上を目指してほしいと思います。

第97回全国高校サッカー選手権大会」に出場する高校と注目選手をまとめてみました。⇩

「高校サッカー全国選手権2018出場校と注目の選手は誰?」

2018年度新人戦埼玉県大会が行われました。⇩

「高校サッカー2018年新人戦埼玉県大会!優勝は昌平高校」

最後まで有難うございます。

Sponsored Links