スポンサーリンク

旭川実業サッカー部メンバー2018出身中学やクラブと注目選手紹介

Sponsored Links

全国一番乗りで、第97回全国高校サッカー選手権【北海道代表】を

決めた旭川実業高校・3年連続7回目の出場。

10月21日に第97回全国高校サッカー選手権北海道予選決勝が行われました。

旭川実高北海道大谷室蘭高2-1で逆転勝ち。

全国一番乗りで、3年連続7回目の全国大会出場を決めた。

こんな旭川実業高校サッカー部の練習方法は、ちょっと変わった練習方法です。

Sponsored Links

<旭川実業の練習風景>

5対5 plus両サイドにフリーマン

中は5対5で両サイドにどちらのチームも使えるフリーマンを置き、サイドからゴールへの意識を高めるのが練習メニューの狙いです。

ボールを奪いゴールが空いていれば積極的にシュートを狙う、パスという意識ではなく、シュートを打たせるボールを出すイメージを持つ。

ゴールキーパーは積極的に前に飛び出す。

守備はゴールを守ることを意識し、シュートを打たせない守りや、打たれても良いシュートを打たせない守りを徹底する。

<旭川実業の今年の目標>

プレミアリーグ参入!

全国ベスト4を目指す!

インターハイは、北海道予選ベスト4敗退という残念な結果だったので、選手権出場が絶対条件で、今回無事にクリアし、目標達成にあと一歩!

現在、プリンスリーグ2018北海道の成績は、11勝2分1敗勝点35で首位となり、プレミアリーグ2018プレーオフに出場が決まっています。

プレミアリーグ 2018 プレーオフは12月14日(金)、16日(日)に開催します。

16チーム参加で、4つのグループに分け、勝ち抜き戦を行い、各グループ1チーム計4チームの勝者を決定し、4チームが翌年のプレミアリーグ2019に参入する権利が与えられます。

プレミアリーグWEST、EASTの下位2チームがプリンスリーグに自動降格するのと、入れ替えで、4チームが昇格します。

プレミアリーグ参入まであと2勝!!

今回 無事、選手権出場を手に入れたので、目標の「全国ベスト4」に向かって、邁進するのみです。

今年のチームは、昨年の選手権2回戦で敗戦を経験した現3年生が中心となったチームで、昨年以上に個性的なタレントが揃っています。

中軸は対人プレーに強いCBの江嶋直樹選手、正確な技術を持ち味とするボランチの河合悠人選手、将来を嘱望される”空陸両用”のストライカー西村歩夢選手、脇を固めるSB藤本詠稀選手、キレのあるドリブルが売りのアタッカー山内陸選手なども面白い存在です。

選手の個性やクオリティーだけを考えると、昨季超えの可能性は十分にありそうです。

こんな旭川実業高校サッカー部のメンバーを紹介したいと思います。
また、注目選手も 一緒に紹介しますので、選手権で活躍する姿を想像してみてください。

旭川実業サッカー部メンバー紹介

avatar

GK

桑島瑠司
クワジマ リュウジ
■ポジション:GK
■2001-05-08
■180cm/81kg
■学年 :2年
■経歴=SC釧路→旭川実高

avatar

DF

江嶋直樹
エジマ ナオキ
■ポジション:DF
■2000-05-23
■180cm/67kg
■学年 :3年
■経歴=上富良野町立上富良野中学校→旭川実高

西川知広
ニシカワ チヒロ
■ポジション:DF
■2000-12-31
■168cm/60kg
■学年 :3年
■経歴=旭川市立緑が丘中学校→旭川実高

鳴海虎汰朗
ナルミ コタロウ
■所属:旭川実高
■ポジション:DF
■2001-03-02
■172cm/65kg
■学年 :3年
■経歴=プログレッソ十勝FC→旭川実高

大江惇一郎
オオエ ジュンイチロウ
■ポジション:DF
■2000-11-04
■176cm/68kg
■学年 :3年
■経歴=稚内市立稚内南中学校→旭川実高

avatar

MF

石川蒼
イシカワ アオイ
■ポジション:MF
■2001-11-23
■160cm/50kg
■学年 :2年
■経歴=SC釧路→旭川実高

藤本詠稀
フジモト エイキ
■ポジション:MF
■2000-08-21
■163cm/53kg
■学年 :3年
■経歴=SSS札幌→旭川実高

青木駿汰
アオキ シュンタ
■ポジション:MF
■2000-11-02
■160cm/54kg
■学年 :3年
■経歴=SSS札幌→旭川実高

河合悠人
カワイ ユウト
■ポジション:MF
■2000-08-06
■163cm/55kg
■学年 :3年
■経歴=岩見沢市立東光中学校→旭川実高

山内陸
ヤマウチ リク
■ポジション:MF
■2000-08-02
■169cm/64kg
■学年 :3年
■経歴=SSS札幌→旭川実高

遠藤正志
エンドウ マサシ
■ポジション:MF
■2000-08-25
■162cm/54kg
■学年 :3年
■経歴=アンフィニMAKI→旭川実高
■代表歴
15年:U-15日本代表

布施悟
フセ サトル
■ポジション:MF
■2000-09-17
■158cm/50kg
■学年 :3年
■経歴=旭川市立永山中学校→旭川実高

岩渕純平
イワブチ ジュンペイ
■ポジション:MF
■2000-06-30
■174cm/63kg
■学年 :3年
■経歴=SSS札幌→旭川実高

avatar

FW

飯野敬太
イイノ キョウタ
■ポジション:FW
■2000-09-01
■172cm/63kg
■学年 :3年
■コメント
経歴=コンサドーレ札幌U-15→旭川実高

西村歩夢
ニシムラ アユム
■ポジション:FW
■2001-03-14
■174cm/64kg
■学年 :3年
■経歴=コンサドーレ札幌U-15→旭川実高

金野修那
コンノ シュウナ
■ポジション:FW
■2000-08-11
■174cm/65kg
■学年 :3年
■経歴=江別市立中央中学校→旭川実高

谷口明典
タニグチ アキノリ
■ポジション:FW
■2000-04-02
■172cm/62kg
■学年 :3年
■経歴=コンサドーレ旭川U-15→旭川実高

注目選手

対人プレーに強い

CB:江嶋直樹(3年)180cm・67kg

昨年から最終ラインを束ねてきた守備者。

競り合いに強く、身を挺した守りで要所を締める。

課題だったビルドアップにも成長の跡が見られる。


キレのあるドリブルが売りのストライカー

アタッカー:山内陸(3年)169cm・64kg

テクニカルなドリブルが武器の”旭実”の仕掛け人です。

昨年はサイドハーフで活躍し、「良いものを持っている」と指揮官も期待する人材です。


脇を固める

SB:藤本詠稀(3年)163cm・53kg

戦術理解度の高さを活かし、昨年は左サイドバックとして活躍しました。

豊富な運動量でチームの躍進を支え、

今年はボランチで起用される可能性も!


将来を嘱望される”空陸両用”のストライカー

アタッカー:西村歩夢(3年)174cm・64kg

J1札幌の育成組織出身。

昨年度は2年生ながら10番を背負い、前線の柱として活躍しました。

大柄ではないが身体の強さがあり、ポストプレーターンゴールへの推進力のいずれもが高水準

フィニッシュワークに特化しないストライカーです。

プリンスリーグ北海道の得点王と絶好調で、選手権に挑みます。


まとめ

今回は「旭川実業サッカー部メンバー2018出身中学やクラブと注目選手紹介」で、旭川実業高校を紹介させていただきました。

夏の屈辱を、冬で無事晴らし、全国一番で、選手権出場を決めました。

今年目標の「プレミアリーグ参戦」「全国ベスト4」、どちらもあと少しのところまで来ました、是非 どちらも達成して、良い年を迎えてほしいと思います。

全国ベスト4」を達成できたら、北の大地から前人未到の全国制覇も見えてくると思います。

サッカー史に新たな一ページを刻むべく、高いモチベーションで戦い抜く覚悟を!!!!!

第97回全国高校サッカー選手権大会」に出場する高校と注目選手をまとめてみました。⇩

「高校サッカー全国選手権2018出場校と注目の選手は誰?」

最後まで有難うございます。

Sponsored Links