2022-23シーズン日本代表の海外移籍

2022-23シーズン日本代表の海外移籍

Sponsored Links

今週のサッカー
日本代表が海外移籍でステップアップ
守田英正がポルトガル1部スポルティング移籍
堂安律がドイツ1部フライブルク移籍
吉田麻也がドイツ1部シャルケ移籍
板倉滉がドイツ1部ボルシアMGへ移籍
上田綺世がベルギー1部サークル・ブリュージュに移籍
南野拓実がフランス1部モナコへ移籍

Sponsored Links

守田英正がポルトガル1部スポルティング移籍

ポルトガルの首都リスボンを本拠地として1906年に創設され、ルイス・フィーゴやクリスティアーノ・ロナウドもプレーした名門クラブスポルティングに加入した。
リーグ優勝19回を誇る名門ポルトガル1部スポルティングは、日本代表MF守田英正を同1部サンタクララから完全移籍で獲得したと発表した。
2026年6月末までの4年契約で、4500万ユーロ(約63億6千万)の契約解除金が設定された。
複数の現地メディアによると、移籍金は推定380万ユーロ(約5億4千万円)。
大阪府出身の守田は2021年1月にJ1川崎からサンタクララに完全移籍。
今季は公式戦38試合に出場し、2得点1アシストを記録した。
日本代表として16試合2得点。
6月の代表活動にも招集されたが、左ふくらはぎの負傷で途中離脱していたためオフシーズンの休養は十分です。
スポルティングは昨季リーグ戦を2位で終え、今季のヨーロッパチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得します。
リーグ優勝19回を誇り、ベンフィカ、ポルトと並んで国内3強の一角を占めるスポルティングでは出場機会を失うリスクがあり、カタールワールドカップで守田英正のコンディションが分からなくなるのは避けてほしいです。

堂安律がドイツ1部フライブルク移籍

ドイツ1部フライブルクは、オランダ1部PSVアイントホーフェンから日本代表MF堂安律を獲得したと発表した。
契約内容は非公表だがオランダメディアでは移籍金は出来高を含めて850万ユーロ(約12億円)と報じられています。
フライブルクのハルテンバッハ・スポーツディレクターは

は技術に優れ、1対1で仕掛けられるしゴールも奪える。
スペース使うのがうまく、ピッチにエネルギーをもたらしてくれる」

と期待を寄せました。
2017年夏にG大阪からオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍した堂安は同クラブへの完全移籍を経て19年夏にオランダの名門PSVアイントホーフェンに加入。
20~21年シーズンはドイツ1部ビーレフェルトに期限付きしており、2季ぶりのドイツ挑戦となる。
フライブルクは昨季リーグ6位で、今季は欧州リーグに出場するため選手のローテーションや5人交代枠を考えても試合勘が無くなるようなリスクは少ない良い移籍だと思います。
オランダのサッカーはウイングがサイドに張ることを求められることが多いので中央に入っていくタイプの堂安律にとっては合っていないところはありボランチで起用されたりもしていましたがドイツのサッカーの方がサイドが中に入っていくので合うんじゃないかと思います。

吉田麻也がドイツ1部シャルケ移籍

日本代表主将のDF吉田麻也のドイツ1部シャルケへの移籍決まった。
フリーでの移籍で1年契約で契約は、1年の延長オプション付き。
クラブ幹部は

「マヤは私たちのチームで重要な役割を果たすために必要なすべてを持っています」

と語っています。
シャルケについては日本代表でコンビを組む板倉滉から聞くでしょうし、盟友内田篤人がレジェンドとなったチームであり伝統的なシャルケというチームについての理解もあるでしょう。
日本代表キャプテンがワールドカップイヤーでスタメン落ちという事態は避けたいので頑張ってほしいです。
「ようやくこのクラブの一員に」公式ツイッターに動画で紹介

板倉滉がドイツ1部ボルシアMGへ移籍

日本代表DF板倉滉は昨シーズンドイツブンデスリーガ2部のシャルケでリーグ戦31試合に出場し4ゴール記録する活躍を見せ、ブンデスリーガ復帰に大きく貢献する。
今夏、シャルケが金銭的な理由から買取オプションを行使しなかったため、去就が注目されていた中、ボルシアMGへ完全移籍することが発表された。
シャルケとボルシアMGは車で1時間ほどの距離で引っ越しをする必要がなく移籍の負担は少ないといえます。
ボルシアMGの基本フォーメーションは3-4-2-1。
3バックの右とボランチに入ることを現地紙は予想している。
板倉はボルシアMGへ500万ユーロで売却されており、川崎から獲得した110万ユーロを元手に約5倍の数字にしている。
マンチェスターシティは板倉滉に一度もチャンスを与えずに儲けたことになるが、早く才能を発掘して才能を伸ばす移籍先を紹介してレールに乗せたことで成長したともいえます。

上田綺世がベルギー1部サークル・ブリュージュに移籍

日本代表FW上田綺世が、ベルギー1部サークル・ブリュージュに移籍決定。
鹿島に獲得の正式オファーが届き上田綺世選手は即決。
サークル・ブリュージュは、鹿島との契約解除に必要な移籍金(推定1~2億円)の満額を支払う内容で、条件面の障害はない。
プロ4年目の今季は、18節終了時点で10得点を記録し、J1得点ランクでトップに立つ。
ワールドカップイヤーでの移籍はリスクが大きいですが頑張ってほしいですね。
ベルギー1部サークル・ブリュージュへは過去に植田直通も所属「サークル・ブリュージュ」欧州経由11月W杯へ!

南野拓実がフランス1部モナコへ移籍

日本代表MF南野拓実が、イングランド・プレミアリーグのリバプールから、フランス1部強豪のモナコに完全移籍することが両クラブより発表された。
26年までの4年契約で、移籍金は総額で1800万ユーロ(約26億円)にのぼるとされる。
モナコはリーグ制覇8回を誇る強豪クラブ。
1月に就任したベルギー人のクレメント監督がチームを立て直し、昨季はリーグ3位。
今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)には予選3回戦から出場する。
基本布陣は4―5―1で、1トップのフランス代表FWベン・イェデルの後ろに3枚のアタッカーを並べます。
リヴァプールでは出場機会に恵まれない中でも日本代表では一定のパフォーマンスを維持してきたのでモナコで継続して出場機会を得て試合勘を取り戻してくるとカタールワールドカップに向けて頼もしいですね。
南野拓実選手は4年契約締結に「加入できてうれしい」

Sponsored Links