スポンサーリンク

ロシアW杯日本代表の背番号紹介!歴代W杯のメンバーも振り返る!

Sponsored Links

今回は「ロシアW杯日本代表の背番号紹介!歴代W杯のメンバーも振り返る!」というテーマで記事を書いてみました。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会の開幕まで、あと22日となりました。

5月31日午後4時

2018ロシアW杯 日本代表を発表。

次のメンバーで、ロシアW杯を戦うことになりました。

※6月2日に背番号が発表されました。

前回のブラジルW杯同様2大会連続の番号が多く、香川真司選手が、前回と同じ「10番」、本田圭祐選手も前回と同じ「4番」、岡崎慎司選手も前回と同じ「9番」となりました。

Sponsored Links

2018ロシアW杯日本代表メンバー

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数(予想)
GK 1 川島永嗣 FCメス/フランス 35 3大会連続3回目
12 東口順昭 ガンバ大阪 32 1回目
23 中村航輔 柏レイソル 23 1回目
DF 5 長友佑都 ガラタサライ/トルコ 31 3大会連続3回目
20 槙野智章 浦和レッズ 31 1回目
22 吉田麻也 サウサンプトン/イングランド 29 2大会連続2回目
19 酒井宏樹 マルセイユ/フランス 28 2大会連続2回目
21 酒井高徳 ハンブルガーSV/ドイツ 27 2大会連続2回目
3 昌子源 鹿島アントラーズ 25 1回目
6 遠藤航 浦和レッズ 25 1回目
2 植田直通 鹿島アントラーズ 23 1回目
MF 17 C長谷部誠 フランクフルト/ドイツ 34 3大会連続3回目
4 本田圭佑 パチューカ/メキシコ 31 3大会連続3回目
14 乾貴士 エイバル/スペイン 29 1回目
10 香川真司 ドルトムント/ドイツ 29 2大会連続2回目
16 山口蛍 セレッソ大阪 27 2大会連続2回目
8 原口元気 デュッセルドルフ/ドイツ 27 1回目
11 宇佐美貴史 デュッセルドルフ/ドイツ 26 1回目
7 柴崎岳 ヘタフェ/スペイン 25 1回目
18 大島僚太 川崎フロンターレ 25 1回目
FW 9 岡崎慎司 レスター/イングランド 32 3大会連続3回目
15 大迫勇也 ブレーメン/ドイツ 28 2大会連続2回目
13 武藤嘉紀 マインツ/ドイツ 25 1回目

監督:西野朗

<バックアップメンバー>

ロシアW杯に帯同します。

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数(予想)
MF 井手口陽介 クルトゥラル・レオネサ/スペイン 21
FW 浅野拓磨 シュトゥットガルト/ ドイツ 23
DF 三竿健斗 鹿島アントラーズ 22 辞退

歴代W杯のメンバーも振り返る!

今回で 連続6回の出場となる日本代表!

歴代W杯で出場した、代表メンバーの背番号を振り返ってみようと思います。

興味のある背番号は、エース番号「10番」です。

それぞれの歴代W杯での「10番」の役割と特徴がよくでています。

1998 FIFAワールドカップ フランス大会日本代表

ドーハの悲劇から一転、ジョホールバルの歓喜で初のワールドカップ出場となった日本代表。

「外れるのはカズ、三浦カズ」。

キングカズこと三浦知良の衝撃落選。

初出場のフランス大会での結果は・・・・!

守備は何とか世界に通用したが、ここ一番での決定力が

世界との差を痛感させられた大会でした。

0勝3敗

1得点(中山雅史) 4失点

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数
GK 1 小島伸幸 ベルマーレ平塚 32 1回目
 DF 2 名良橋晃 鹿島アントラーズ 26 1回目
3 相馬直樹 鹿島アントラーズ 26 1回目
4 C井原正巳 横浜マリノス 30 1回目
5 小村徳男 横浜マリノス 31 1回目
 MF 6 山口素弘 横浜フリューゲルス 29 1回目
7 伊東輝悦 清水エスパルス 23 1回目
8 中田英寿 ベルマーレ平塚 21 1回目
FW 9 中山雅史 ジュビロ磐田 30 1回目
MF 10 名波浩 ジュビロ磐田 25 1回目
MF 11 小野伸二 浦和レッドダイヤモンズ 18 1回目
MF 12 呂比須ワグナー ベルマーレ平塚 29 1回目
 FW 13 服部年宏 ジュビロ磐田 24 1回目
 FW 14 岡野雅行 浦和レッドダイヤモンズ 25 1回目
 MF 15 森島寛晃 セレッソ大阪 26 1回目
 DF 16 斉藤俊秀 清水エスパルス 25 1回目
DF 17 秋田豊 鹿島アントラーズ 27 1回目
FW 18 城彰二 横浜マリノス 22 1回目
DF 19 中西永輔 ジェフユナイテッド市原 24 1回目
GK 20 川口能活 横浜マリノス 22 1回目
GK 21 楢崎正剛 横浜フリューゲルス 22 1回目
MF 22 平野孝 名古屋グランパスエイト 23 1回目

監督:岡田武史

2002 FIFAワールドカップ 日韓大会日本代表

日本/韓国共催大会。

フラットスリーで臨む今大会。

地元開催で 大盛り上がりし、代表も国民の期待に応え、初勝利、初勝ち点、

初の決勝トーナメント進出を決めた。

予選トーナメント2勝1分

決勝トーナメント1回戦 トルコに0-1で惜敗

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数
GK 1 川口能活 ポーツマス 26 1回目
 DF 2 秋田豊 鹿島アントラーズ 32 2大会連続2回目
DF 3 松田直樹 横浜マリノス 24 1回目
DF 4 森岡隆三 清水エスパルス 26 1回目
MF 5 稲本潤一 アーセナル 22 1回目
MF 6 服部年宏 ジュビロ磐田 29 2大会連続2回目
MF 7 中田英寿 パルマ 25 2大会連続2回目
MF 8 森島寛晃 セレッソ大阪 29 2大会連続2回目
FW 9 西澤明訓 セレッソ大阪 25 1回目
FW 10 中山雅史 ジュビロ磐田 25 2大会連続2回目
FW 11 鈴木隆行 鹿島アントラーズ 34 1回目
GK 12 楢崎正剛 ベルマーレ平塚 25 2大会連続2回目
 FW 13 柳沢敦 鹿島アントラーズ 24 1回目
 FW 14 三都主アレサンドロ 清水エスパルス 25 1回目
 MF 15 福西崇史 ジュビロ磐田 25 1回目
DF 16 中田浩二 鹿島アントラーズ 22 1回目
DF 17 宮本恒靖 ガンバ大阪 25 1回目
MF 18 小野伸二 フェイエノールト 22 2大会連続2回目
MF 19 小笠原満男 鹿島アントラーズ 23 1回目
MF 20 明神智和 柏レイソル 22 1回目
MF 21 戸田和幸 清水エスパルス 25 1回目
MF 22 市川大祐 清水エスパルス 22 1回目
GK 23 曽ヶ端準 鹿島アントラーズ 23 1回目 

監督:フィリップ・トルシエ

2006 FIFAワールドカップ ドイツ大会日本代表

史上最強と謳われたこのチーム。

黄金の中盤(中田英寿、小野伸二、稲本潤一、中村俊輔)でスタートした夢のような日本代表。

大きな期待が絶望へと変わってしまった。

最後のブラジル戦後、ピッチに倒れこむ中田英寿、この試合を最後に、電撃引退。

予選トーナメント1分2敗

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数
GK 1 楢崎正剛 名古屋グランパスエイト 30 3大会連続3回目
DF 2 茂庭照幸 FC東京 24 1回目
DF 3 駒野友一 サンフレッチェ広島 24 1回目
MF 4 遠藤保仁 ガンバ大阪 26 1回目
DF 5 宮本恒靖 ガンバ大阪 29 2大会連続2回目
DF 6 中田浩二 鹿島アントラーズ 26 2大会連続2回目
MF 7 中田英寿 ボルトン 29 3大会連続3回目
MF 8 小笠原満男 鹿島アントラーズ 27 2大会連続2回目
FW 9 高原直泰 ハンブルガーSV 27 1回目
MF 10 中村俊輔 セルティック 27 1回目
FW 11 巻誠一郎 ジェフユナイテッド千葉 25 1回目
GK 12 土肥洋一 FC東京 32 1回目
 FW 13 柳沢敦 鹿島アントラーズ 29 2大会連続2回目
 MF 14 三都主アレサンドロ 清水エスパルス 25 2大会連続2回目
MF 15 福西崇史 ジュビロ磐田 29 1回目
FW 16 大黒将志 グルノーブル 26 1回目
MF 17 稲本潤一 ウェスト・ブロムウィッチ 26 2大会連続2回目
MF 18 小野伸二 浦和レッズ 26 3大会連続3回目
DF 19 坪井慶介 浦和レッズ 26 1回目
FW 20 玉田圭司 名古屋グランパスエイト 26 1回目
DF 21 加地亮 ガンバ大阪 26 1回目
DF 22 中澤佑二 横浜F・マリノス 28 1回目
GK 23 川口能活 ジュビロ磐田 30 3大会連続3回目

監督:ジーコ

2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会日本代表

オシムサッカーへの期待が大きく、楽しみな大会になるはずが、任期途中で急病に倒れ退任。

後を引い継いだ 岡田武史監督、1998年のフランス大会に続き、2回目のワールドカップ。

失意から歓喜へ!

大幅なメンバーチェンジと、守備的布陣があたり、2度目の決勝トーナメント進出。

予選トーナメント2勝1敗

決勝トーナメント1回戦 パラグアイに0-0でPK戦で敗退。

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数
GK 1 楢崎正剛 名古屋グランパスエイト 30 4大会連続4回目
DF 2 阿部勇樹 浦和レッズ 28 1回目
DF 3 駒野友一 ジュビロ磐田 28 2大会連続2回目
DF 4 田中マルクス闘莉王 名古屋グランパス 29 1回目
DF 5 長友佑都 FC東京 23 1回目
DF 6 内田篤人 鹿島アントラーズ 26 1回目
MF 7 遠藤保仁 ガンバ大阪 30 2大会連続2回目
MF 8 松井大輔 グルノーブル 29 2大会連続2回目
FW 9 岡崎慎司 清水エスパルス 24 1回目
MF 10 中村俊輔 横浜F・マリノス 31 2大会連続2回目
FW 11 玉田圭司 名古屋グランパスエイト 30 2大会連続2回目
FW 12 矢野貴章 アルビレックス新潟 26 1回目
DF 13 岩政大樹 鹿島アントラーズ 28 1回目
MF 14 中村憲剛 川崎フロンターレ 29 1回目
MF 15 今野泰幸 FC東京 27 1回目
FW 16 大久保嘉人 ヴィッセル神戸 26 1回目
MF 17 長谷部誠 ヴォルフスブルク 26 1回目
MF 18 本田圭佑 CSKAモスクワ 23 1回目
FW 19 森本貴幸 カターニア 22 1回目
MF 20 稲本潤一 川崎フロンターレ 30 3大会連続3回目
GK 21 川島永嗣 川崎フロンターレ 27 1回目
DF 22 中澤佑二 横浜F・マリノス 32 2大会連続2回目
GK 23 川口能活 ジュビロ磐田 34 4大会連続4回目

監督:イビチャ・オシム監督→岡田武史

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会日本代表

イタリアの名将アルベルト・ザッケローニ監督で挑むブラジル大会。

ブラジルという気候と長距離移動で体調を崩した?のか、いつもの試合ができず、

予選敗退。大口をたたいた 反動は大きい。そんな中、ただ一人、イケメンDF内田篤人(26=シャルケ)だけは価値が上がっているという。

いったい、どういうことだったのか?

予選トーナメント2敗1分け

位置 背番号 名前 所属 年齢 出場回数
GK 1 川島永嗣 スタンダール 31 2大会連続2回目
MF 2 内田篤人 シャルケ 26 2大会連続2回目
DF 3 酒井高徳 シュツットガルト 23 1回目
FW 4 本田圭佑 ACミラン 27 2大会連続2回目
DF 5 長友佑都 インテル 27 2大会連続2回目
DF 6 森重真人 FC東京 27 1回目
MF 7 遠藤保仁 ガンバ大阪 34 2大会連続2回目
MF 8 清武弘嗣 ニュルンベルク 24 1回目
FW 9 岡崎慎司 マインツ 24 2大会連続2回目
MF 10 香川真司 マンチェスターU 31 1回目
FW 11 柿谷曜一朗 セレッソ大阪 24 1回目
GK 12 西川周作 浦和レッズ 27 1回目
FW 13 大久保嘉人 川崎フロンターレ 32 2大会連続2回目
MF 14 青山敏弘 サンフレッチェ広島 28 1回目
MF 15 今野泰幸 ガンバ大阪 31 1回目
MF 16 山口蛍 セレッソ大阪 23 1回目
MF 17 長谷部誠 ヴォルフスブルク 26 2大会連続2回目
MF 18 大迫勇也 ミュンヘン 24 1回目
DF 19 伊野波雅彦 ジュビロ磐田 28 1回目
FW 20 齋藤学 横浜F・マリノス 24 1回目
DF 21 酒井宏樹 ハノーファー 24 1回目
DF 22 吉田麻也 サウサンプトン 25 1回目
GK 23 権田修一 FC東京 25 1回目

監督:ザッケローニ

まとめ

今回は「ロシアW杯日本代表の背番号紹介!歴代W杯のメンバーも振り返る!」というテーマで記事を書いてみました。

歴代W杯のメンバーの「10番」それぞれの大会で、持ち味、責任、うまさなど個性が出ていて面白かったですね。

今回のロシアW杯日本代表の背番号「10番」はだれでしょう?

発表前の予想で書いてみました、最終発表後、再度、見直します。

2018 ロシアW杯日本代表の日程は、以下の通りです。

日本の試合 日程とテレビ中継

6/20(水)vs コロンビア (0:00~)NHK総合(生)

6/25(水)vs セネガル (0:00~)日本TV(生)、NHKーBS(生)

6/28(木)vs ポーランド (23:00~)フジテレビ(生)

Sponsored Links