スポンサーリンク

Jリーグ2019年注目するチームは?川崎,浦和,神戸,札幌?

Sponsored Links

Jリーグが開幕間近になりました!

昨シーズンは川崎フロンターレ圧倒的な強さで優勝しましたが、2019年の川崎フロンターレ3連覇を止めるチームは現れるのでしょうか?

オフシーズンに各チーム補強を進めていく中で、今年の「戦力や戦術、そして補強選手」などを見て2019年シーズンの注目するチームを紹介します。

今年、注目のチームは断然「川崎フロンターレ」ですね!

リーグ史上2クラブ目となる3連覇偉業達成する事ができるのか?

興味津々ですね!

Sponsored Links

川崎フロンターレ

Jリーグ2019年シーズンの最も注目するクラブは、2年連続Jリーグ王者の「川崎フロンターレ」です。

Jリーグ3連覇がかかる今シーズンの活躍に注目です。

これまでリーグ3連覇を成し遂げたクラブは「鹿島アントラーズ」のみです。

史上2クラブ目となれるのかという点にも注目していたきたいです。

今シーズンのクラブ目標は、Jリーグ3連覇ACL優勝天皇杯優勝、を掲げています。

(やべっちFC内「デジッチが行く」の中で公表していました。)

新加入選手

主な新加入選手には、セレッソ大阪からMF山村和也選手、ブラジルからDFジェジエウ選手マギーニョ選手、元ブラジル代表でロンドンオリンピックの得点王FWレアンドロ・ダミアン選手といった攻撃と守備の選手をバランス良く補強したようです。

  

なかでも最も注目したい選手は、レアンドロ・ダミアン選手ですね。

Jリーグでも得点王となれるか注目したいところです。

注目の選手

川崎フロンターレの注目選手は、この3選手です。

まずは、キャプテンの小林悠選手です。
相手の裏を抜け出すタイミングの良さ、ワンタッチでのポストプレーの精度の高さ、さらにゴール前での決定力が素晴らしくチームをまとめる不動のキャプテンです。

2人目の注目選手は、チーム最年長でパスセンス抜群の中村憲剛選手です。
安定感抜群で中盤の要の選手であり、左足から繰り出される正確無比のパスはワールドクラスです。

3人目に注目したい選手は、昨年JリーグMVPに輝いた家長昭博選手です。
ワールドクラスのドリブル力が持ち味、2人,3人の選手が寄せてきても焦らず突破していける世界レベルのドリブルに注目です。

戦術

川崎フロンターレのチームの特徴は、データで見ると中央からの攻撃でゴールを量産しているようです。

中央攻撃から奪ったゴール決定率はリーグ2位のトップクラスです。

敵陣内でのポゼッション率も中央でのポゼッションが高いことから見て、フロンターレの攻撃の特徴は、中央攻撃が得意であるということが実証されています。

左サイドからのドリブルを仕掛ける攻撃も特徴のひとつでもあります。
そして、注目したのがコンビネーション力です。

このコンビネーション率は、なんとリーグで1位を誇っています。
チーム内でのコミュニケーションの高さが伺えます。

リーグ3連覇!史上2クラブ目となり、アジアの頂点へ立つことが今年の「川崎フロンターレ」の目標です。

ゴールパフォーマンス

毎年恒例の中村憲剛選手ゴールパフォーマンスにも注目です。

やべっちFC内の「デジッチが行く」の中で今シーズンのゴールパフォーマンスが発表されていました。

今年も、満員の等々力競技場で楽しませてください。

何回見ても飽きませんから……

浦和レッズ

昨シーズン・天皇杯を制した浦和レッズ鹿島アントラーズで3回Jリーグ優勝を経験したオリベイラ監督の下で守備面が強化されて、勝負に徹するサッカーに変貌してきています。

今シーズンはオリベイラ監督が得意とする4-4-2システムにも挑戦して、鈴木大輔選手杉本健勇選手山中亮輔選手の3人の日本代表クラスの選手を獲得しました。

これで、アジアチャンピョンズリーグJリーグでどちらも結果を残しに行く陣容が整いました。

今年、川崎フロンターレの3連覇を止めるとしたら浦和レッズかなと思います。

ヴィッセル神戸

昨シーズン途中にイニエスタ選手を獲得してグアルディオラ監督の師匠的存在として世界的に有名なリージョ監督を招聘したヴィッセル神戸はチームの方向性が定まり、資金力を的確に使用したオフとなった印象です。

弱点だった守備的なポジションには西大伍選手初瀬亮選手山口蛍選手を獲得しました。

また攻撃に関しては、イニエスタ選手からのパスを決める選手が足りなかったのでビジャ選手を獲得しています。

ただし、リージョ監督センターバックにドリブルで持ち運ぶ能力を求めていて、左センターバックには左利きを要求していますが、補強は上手くいっていない印象です。

Jリーグ史上例のない大型投資をしているチームなので、Jリーグの将来のためにも結果が出てほしいところです。

北海道コンサドーレ札幌

昨シーズン・4位と躍進した北海道コンサドーレ札幌は、ベストイレブンに選ばれたタイ代表のエース・チャナティップ選手の契約延長に成功しました。

補強も攻撃的な選手を多数獲得しています。

岩崎悠人選手鈴木武蔵選手将来A代表を狙える逸材です。

アンデルソンロペス選手は2017年J1で二桁得点を決めていてる得点能力の高い選手です。

ルーカス・フェルナンデス選手はブラジルリーグでもデュエル勝率が上位にランクされている選手で期待がかかります。

一方で守備的な選手は獲得せずに攻守のバランスが変わっているのは不安材料です。

そして、昨シーズンチーム得点王都倉賢選手セレッソ大阪に移籍したことも戦力的にはマイナスです。

今シーズンも上位進出するようなら強さは本物でしょう。

また、Jリーグが数年前から進めている東南アジアの成長を取り込む戦略にとっても重要なチームとなります。

最後に

いかがでしたか?

Jリーグ2019年注目するチームは?川崎,浦和,神戸,札幌?」を紹介しました。

他にもスペイン人監督を招聘したセレッソ大阪サガン鳥栖、大型補強を敢行した名古屋グランパスも注目したいと思います。

Jリーグ開幕まであとわずか開幕戦のキックオフを楽しみに待ちましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links