なでしこジャパンW杯出場を賭けた戦い!AFC女子アジアカップ

なでしこジャパンW杯出場を賭けた戦い!AFC女子アジアカップ

Sponsored Links

今週のサッカー・・・

なでしこジャパンW杯出場を賭けた戦い!AFC女子アジアカップ
グループステージ・首位で通過!
ノックアウトステージ・準々決勝タイに完勝し、W杯出場権を獲得!

Sponsored Links

グループステージ・首位で通過。

FIFAランキング13位の女子日本代表「なでしこジャパン」は27日、女子アジア杯1次リーグC組1位の座を懸け、グループステージ最終戦でFIFAランク18位の韓国と対戦。
全勝対決は1─1の引き分けに終わり、2勝1分けの勝ち点7で並んだが、得失点差で韓国を上回り、C組1位で準々決勝に駒を進めた。
2位通過だとオーストラリア代表との対戦となりワールドカップ出場権の獲得も危ぶまれる状況だったので、なんとか1位通過できたのは大きいですね。
植木理子が先制点を決めて前半は一方的な内容でしたが後半にギアを入れた韓国に押し込まれ、選手交代で流れを変えることもできなかった印象です。
先制点を決めた植木だけではなく若手選手が徐々に存在感を高めてきているのでチームとしては悪い状況ではないように思います。

ノックアウトステージ・準々決勝タイに完勝し、W杯出場権を獲得!!

菅澤4得点などタイに7発完勝、アジア杯4強進出。
AFC女子アジアカップ準々決勝が30日に行われ、日本女子代表とタイ女子代表が対戦。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響でベストメンバーが組めないタイ代表を序盤から攻めたて7-0で勝利。
9大会連続となる女子W杯の出場権も獲得した。
2月3日に行われる準決勝では、中国女子代表vsベトナム女子代表の勝者と対戦する。
右サイドに回った長谷川唯と清水理紗のコンビネーションがよく、左サイドの宮沢ひなたも内側に入りすぎることなくバランスの良い配置からビルドアップ、チャンスメイク、トラディションがスムーズに機能しつつありました。
ほとんど攻められることがなく、敵陣でのプレーを90分続けていたので、レベルが高い相手とどれだけ試合をして経験値を高められるかが課題といえるでしょう。
オーストラリア代表が敗れる波乱もあってなでしこジャパンは優勝して当たり前ぐらいの状況といっていいでしょう。

Sponsored Links