2022-2023年ACL日程が決まる!(かなり変則日程)

2022-2023年ACL日程が決まる!(かなり変則日程)

Sponsored Links

今週のサッカー・・・

2022-2023年シーズンのACL日程が決まりました。
【グループステージ】H&A
2021年4月15日~5月1日 ホームアンドアウェイの総当たり
【決勝トーナメント】一発勝負
2022年8月18日~25日 準決勝まで
【決勝戦】H&A
ファーストレグ 2023年2月19日・西地区開催
セカンドレグ 2023年2月26日・東地区開催

Sponsored Links

ACLが変則日程で開催へ。

アジアサッカー連盟(AFC)は2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグの日程変更を発表した。
東地区・西地区ともに、グループステージから準決勝にかけては中立地で対戦するセントラル方式で開催される。
日本を含む東地区のグループステージはホーム&アウェイの総当たりで4月15日〜5月1日に集中開催、決勝トーナメントは準決勝までの3戦を一発勝負8月18日〜25日に集中開催となる。
また、決勝戦は年をまたいで2023年2月に行われます。
ファーストレグは同年2月19日に西地区会場で、セカンドレグは同26日に東地区会場で開催される。
なお、JリーグからはJ1王者の川崎フロンターレ、同2位の横浜F・マリノス、天皇杯王者の浦和レッズが本戦に出場。
J1で3位のヴィッセル神戸は3月15日のプレーオフから参戦予定となっている。
準決勝から決勝まで半年経ちシーズンをまたぐという異例の日程となります。
集中開催となるため移動が少なくなる利点もありますが、ワールドカップイヤーで代表活動と並行しながら参加する選手はかなり大変になりますね。

グループステージ組み合わせ<東地区>

【グループF】
【グループF】

F1:山東泰山(中国)
F2:浦和レッズ(日本)
F3:ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)
F4:PO勝者〔大邱FC(韓国) 対 ブリーラム・ユナイテッド(タイ)〕

【グループG】
【グループG】

G1:BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)
G2:全南ドラゴンズ(韓国)
G3:ユナイテッド・シティ(フィリピン)
G4:メルボルン・シティ(オーストラリア)

【グループH】
【グループH】

H1:全北現代モータース(韓国)
H2:横浜F・マリノス(日本)
H3:ホアンアイン・ザライ(ベトナム)
H4:PO勝者〔長春亜泰(中国) 対 [未定(オーストラリア3) 対 カヤFC・イロイロ(フィリピン)の勝者]〕

【グループI】
【グループI】

I1:川崎フロンターレ(日本)
I2:広州FC(中国)
I3:ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
I4:PO勝者〔蔚山現代(韓国) 対 ポートFC(タイ)〕

【グループJ】
【グループJ】

J1:上海海港(中国)
J2:チェンライ・ユナイテッド(タイ)
J3:傑志(香港)
J4:PO勝者〔ヴィッセル神戸(日本) 対 [未定(オーストラリア2) 対 シャン・ユナイテッド(ミャンマー)の勝者]〕

マッチスケジュール(日本チーム関連)

プレーオフ

3月15日(火) 未定

グループステージ

4月15日(金)~5月1日(日) 未定※セントラル開催

ラウンド16

8月18日(木)・19日(金) 未定※セントラル開催、シングルマッチ

準々決勝

8月22日(月)

準決勝

8月25日(木)

決勝

第1戦 :2023年2月19日(日) 西地区勝利チームホスト
第2戦: 2023年2月26日(日) 東地区勝利チームホスト

Sponsored Links