国内サッカー2022年シーズンJ1リーグ戦力の診断2

国内サッカー2022年シーズンJ1リーグ戦力の診断2

Sponsored Links

国内サッカー2022年シーズンJ1リーグ戦力の診断1

国内サッカー2022年シーズンJ1リーグ戦力の診断3

今週のサッカー・・・

2022年シーズン戦力を診断してみました。
【戦力の診断】
名古屋グランパス
ガンバ大阪
清水エスパルス
ジュビロ磐田
京都サンガF.C.

Sponsored Links

名古屋グランパス

【IN】
【IN】

ターレス[熊本/新加入]
チアゴ[C大阪/期限付き]
河面旺成[大宮/新加入]
仙頭啓矢[鳥栖/新加入]
酒井宣福[鳥栖/新加入]
レオ・シルバ[鹿島/新加入]
東ジョン[栃木/復帰]
甲田英將[名古屋グランパスU-18/トップ昇格]
吉田温紀[名古屋グランパスU-18/トップ昇格]
豊田晃大[名古屋グランパスU-18/トップ昇格]

【OUT】
【OUT】

ガブリエル・シャビエル[札幌]
榎本大輝[未定/契約満了]
ターレス[熊本/期限付き]
石田凌太郎[徳島/期限付き]
児玉駿斗[徳島]
米本拓司[湘南/期限付き]
キム・ミンテ[札幌/復帰]
山﨑凌吾[京都]
木本恭生[FC東京]
三井大輝[沼津/期限付き]
松岡ジョナタン[福山シティFC/期限付き]
前田直輝[FCユトレヒト(オランダ)/期限付き]
渡邉柊斗[未定/契約満了]

昨シーズンにルヴァンカップを優勝したもののフィッカデンティ監督が退任して長谷川健太監督が就任しました。
名古屋グランパスU-18から昇格する甲田英將がドリブラーとしての評価が高いので前田直輝の穴を埋める活躍が期待されます。
世代交代を意識したオフシーズンとなっているので、長谷川健太体制1年目で若手を育成して長期的なチーム作りの土台を作りたい狙いが見えます。
逆に言えば短期的な結果を出すことはそこまでこだわっていない割り切った補強方針ですね。
ターレス、仙頭啓矢、酒井宣福、河面旺成もこれから中心選手として育っていく可能性があるメンバーですし今年は育成路線ですね。
不安要素はセンターフォワード。
シュヴォルツォクがドーピング検査に引っかかって今シーズンは難しそう。
酒井宣福は山﨑凌吾の穴を埋めでしょうから、シュヴォルツォクの穴を埋める人材は獲得できていません。
キム・ミンテ、米本拓司、木本恭生と守備的なポジションの主力クラスが抜けましたが、丸山裕市のケガからの復帰と河面旺成、レオ・シルバの加入で穴は埋まりそう。

ガンバ大阪

【IN】
【IN】

齊藤未月[湘南/期限付き]
福岡将太[徳島/新加入]
クォン・ギョンウォン[城南FC(韓国)/期限付き]
ダワン[SCサンタ リタ(ブラジル)/期限付き]
石毛秀樹[清水/新加入]
加藤大智[愛媛/完全移籍]
坂本一彩[ガンバ大阪ユース/トップ昇格]
中村仁郎[ガンバ大阪ユース/トップ昇格]
山見大登[関西学院大学/新加入]

【OUT】
【OUT】

矢島慎也[大宮]
林瑞輝[未定/契約満了]
菅沼駿哉[未定/契約満了]
白井陽斗[未定/契約満了]
小野裕二[鳥栖]
井手口陽介[セルティックFC(スコットランド)]
唐山翔自[水戸/期限付き]
遠藤保仁[磐田/完全移籍]
チアゴ・アウベス[岡山]
塚元大[金沢/期限付き]
芝本蓮[藤枝/期限付き]
キム・ヨングォン[蔚山現代(韓国)]

片野坂監督が就任したガンバ大阪も大人しいオフシーズンを送りました。
井手口陽介をセルティックにキム・ヨングォンを蔚山現代に放出し、齊藤未月、クォン・ギョンウォンを補強しました。
下部組織から昇格した中村仁郎と関西学院大学から加入した山見大登は昨シーズンからすでにチームに合流しており即戦力になるでしょう。
派手な補強はありませんが、すでにチームには十分な戦力がいてコーチングスタッフが一新されているので、監督の仕事次第では上位進出も狙える陣容がそろっています。

清水エスパルス

【IN】
【IN】

栗原イブラヒム・ジュニア[鈴鹿ポイントゲッターズ/復帰]
髙橋大悟[北九州/復帰]
成岡輝瑠[相模原/復帰]
白崎凌兵[鹿島/新加入]
岸本武流[鳥栖/新加入]
権田修一[ポルティモネンセSC(ポルトガル)/完全移籍]
神谷優太[柏/新加入]
川谷凪[静岡学園高校/新加入]
菊地脩太[清水エスパルスユース/トップ昇格]
千葉寛汰[清水エスパルスユース/トップ昇格]
山原怜音[筑波大学/新加入]
加藤拓己[早稲田大学/新加入]

【OUT】
【OUT】

指宿洋史[アデレード・ユナイテッドFC(オーストラリア)]
藤本憲明[神戸/復帰]
ノリエガ・エリック[未定/契約満了]
エウシーニョ[未定/契約満了]
奥井諒[長崎]
河井陽介[岡山]
石毛秀樹[G大阪]
金子翔太[磐田]
中村慶太[柏]
高木和徹[東京V]

昨シーズンは大型補強を行ったものの残留争いに巻き込まれてしまった清水エスパルスは今シーズンの補強は大人しいです。
レンタル移籍からの復帰と高卒、大卒の加入が多く世代交代も意識した補強になった印象です。
権田修一の完全移籍での獲得に3億円弱の移籍金がかかったと報じられており、ロティーナ監督の解任にも違約金がかかっているので、昨シーズンほどの豊富な予算がなかったのかもしれませんが主力クラスは概ね残留しているので戦力的な不足は問題にならないでしょう。
左サイドバックに入ることが予想される筑波大学から加入した山原怜音の評価が高いので注目です。
レンタル先の相模原で経験を積んだパリ世代の成岡輝瑠が復帰。
同じくパリオリンピック世代の松岡大起とのボランチは世代別代表でもコンビを組む可能性があるでしょう。

ジュビロ磐田

【IN】
【IN】

杉本健勇[浦和/期限付き]
ドゥドゥ[ヴィラ・ノヴァFC(ブラジル)/新加入]
黒川淳史[大宮/新加入]
上原力也[仙台/復帰]
遠藤保仁[G大阪/完全移籍]
梶川裕嗣[横浜FM/新加入]
金子翔太[清水/完全移籍]
伊藤槙人[横浜FM/完全移籍]
リカルド・グラッサ[CRヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)/新加入]
袴田裕太郎[横浜FC/新加入]
ジャーメイン良[横浜FC/新加入]
古川陽介[静岡学園高校/新加入]
藤原健介[ジュビロ磐田U-18/トップ昇格]

【OUT】
【OUT】

中川創[琉球/期限付き]
杉本大地[仙台]
藤川虎太朗[北九州/期限付き]
鈴木海音[栃木/期限付き]
小川航基[横浜FC]
大武峻[未定/契約満了]
今野泰幸[未定/契約満了]
三木直土[藤枝/期限付き]
ルキアン[福岡]
加藤智陽[未定/契約満了]

J2を優勝したジュビロ磐田はルキアンを福岡に引き抜かれたのは大きな痛手です。
また、監督も伊藤彰氏に交代したのでチームは作り直す必要があります。
リカルド・グラッサとドゥドゥの入国がいつになるのかも序盤戦を左右するでしょう。
杉本健勇、黒川淳史、上原力也、伊藤槙人など実力者が加入しているので戦力的に問題があるわけではないですが、新監督がどういうチームを作るのかに期待したいですね。
自由にポジションをとり流動的な戦術を好む静岡サッカーに攻撃時にとるポジションが決まっている伊藤彰監督のスタイルが合うかどうかがジュビロ磐田の命運を左右するでしょう。

京都サンガF.C.

【IN】
【IN】

マルティノス[山形/新加入]
マイケル・ウッド[アルメレ・シティFC(オランダ)/新加入]
上福元直人[徳島/新加入]
松原修平[群馬/新加入]
アピアタウィア久[仙台/新加入]
メンデス[甲府/新加入]
井上黎生人[岡山/新加入]
大前元紀[群馬/新加入]
豊川雄太[C大阪/新加入]
金子大毅[浦和/期限付き]
白井康介[札幌/完全移籍]
山﨑凌吾[名古屋/新加入]
田中和樹[法政大学/新加入]

【OUT】
【OUT】

森脇良太[愛媛]
中川寛斗[大分]
野田隆之介[琉球]
福島春樹[浦和/復帰]
清水圭介[C大阪]
中川風希[今治]
李忠成[アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)]
ヨルディ・バイス[岡山]
中野克哉[琉球]
庄司悦大[岐阜]
冨田康平[今治]
曽根田穣[水戸]
上月壮一郎[未定/契約満了]
黒木恭平[未定/契約満了]

去年J2で2位だった京都サンガは湘南ベルマーレでチョウ・キジェ監督の下でプレーした金子大毅、山﨑凌吾が加入。
ヨルディ・バイスが抜けた穴を埋めるためにアピアタウィア久、メンデスと最終ラインのタレントも加入してゴールキーパーも補強しました。
豊川雄太、大前元紀とフォワードを二人補強していますし各ポジションでJ1で戦える戦力はそろえています。
マルティノスがどういう役割を果たすのかは未知数で扱いにくいタイプという評判で昨シーズンはベガルタ仙台と契約解除になっていることからリスクが高い補強といえるでしょう。

Sponsored Links