U-21日本代表パリ五輪世代が《ドバイ杯U-23》制覇!

U-21日本代表パリ五輪世代が《ドバイ杯U-23》制覇!

Sponsored Links

今週のサッカー

パリ五輪世代が初陣でU-23クロアチア代表に白星!
 パリ五輪世代がU-23カタール代表に勝利し連勝!
  ドバイ杯U-23決勝戦U-23サウジアラビア代表を破って優勝!!

Sponsored Links

パリ五輪世代が初陣でU-23クロアチア代表に白星!

パリ五輪世代のU-21日本代表は23日、アルアウィールスタジアムで行われたドバイ杯U-23の第1戦でU-23クロアチア代表と対戦した。
途中出場の小田祐太郎がゴールを決め1-0で勝利
日本は[4-2-3-1]のシステムで挑み、海外組ではロンメルの斉藤光毅が先発出場。
GKには鈴木彩艷(浦和レッズ)が入り、1トップには藤尾翔太(徳島ヴォルティス)が入った。

U-21日本代表(スターティングメンバー)
GK
鈴木彩艶(浦和)
DF
半田陸(山形)
馬場晴也(東京V)
西尾隆矢(C大阪)
成瀬竣平(名古屋)
MF
田中聡(湘南)
藤田譲瑠チマ(横浜FM)
甲田英將(名古屋)
鈴木唯人(清水)
斉藤光毅(ロンメル)
FW
藤尾翔太(徳島)

日本は藤田譲瑠チマ田中聡のボランチが中盤で主導権を握り両サイドの斉藤光毅甲田英將のドリブルで好機を演出します。
藤尾翔太が数多くの決定機を活かせないまま日本代表は押し気味に試合を勧めながらも0-0。
日本は65分に3選手を交代。
田中、甲田、斉藤を下げ、松木玖生松村優太小田裕太郎を投入。
システムを変えず、右に松村、左に小田、ボランチに松木を置きます。
さらに73分には藤尾に代えて、荒木遼太郎を投入。
81分に小田が縦パスを入れると、ダイレクトで荒木へ繋ぎ、浮き球のパスをペナルティ内に送り、これに反応した小田裕太郎がGKをかわして無人のゴールへ流し込み、日本が遂にゴールを奪いこのまま試合は終了しました。
育成年代では通用する狭いスペースでのコンビネーションで得点を取りましたが、前半はピッチを広くスペースを作りながらのサッカーを目指していたので育成と結果の両立という部分でバランスを取っていくんだろうという感想です。
藤田譲瑠チマは別格でA代表もあり得るなと感じました。
クロアチア代表はU-23といっても半分以上がパリ五輪世代で、どの程度のメンバーが来ているかわからず、欧州との力関係を図る試合にはなりませんでした。

パリ五輪世代がU-23カタール代表に勝利し連勝!

パリ五輪世代U-21日本代表は26日、アルマクトゥームスタジアムで行われたドバイ杯U-23の第2戦でU-23カタール代表と対戦した。
斉藤光毅が股抜き先制弾、山本理仁がスーパーボレー弾!
MF斉藤光毅(ロンメル)とMF山本理仁(東京V)のゴールで、2-0の勝利
初戦から先発メンバーを8人変更。
DF半田陸(山形)、MF斉藤光毅MF甲田英將(名古屋)が引き続きメンバーとなった。
日本は4-2-3-1の布陣を敷き、GKは小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)。4バックは右からキャプテンを務めるDF半田陸DF鈴木海音(栃木)、DF木村誠二(山形)、DF加藤聖(長崎)が並ぶ。
ボランチ2枚はMF松木玖生(FC東京)とMF川崎颯太(京都)。
2列目は右にMF甲田英將、トップ下にFW荒木遼太郎(鹿島)、左にMF斉藤光毅が入る。
1トップはFW細谷真大(柏)となった。
日本は後半8分日本は自陣近くの右サイドからスローインで再開。
ボールは右サイド縦方向に流れていくと、FW細谷真大が反応して加速する。
右サイドライン際から豪快な右足クロスを上げ、PA内へ。
MF斉藤光毅が収め、ボディフェイントで相手DFを揺さぶりながら右足シュート。
股下を抜き、ゴール左に流し込んだ。
日本は後半41分に価値ある追加点。
左CKをMF鈴木唯人が蹴り込むが、相手選手に跳ね返される。
浮き球はPAライン上に落ちていくと、MF山本理仁が地面に着く前にジャンピングボレー
豪快なシュートをゴールに突き刺し、チーム2点目とした。
2-0と点差を広げた日本はそのまま完封で試合を守り切って試合終了。
ゴールキーパーに入った小久保玲央ブライアンの安定感が目を引き、斉藤光毅の個人技が光る海外勢が目立った試合でした。
浦和レッズで東京オリンピックメンバーに入った鈴木もいるのでゴールキーパーはレベルが高い世代ですね。
センターフォワードタイプが弱点かなと思いますが、どの世代でもフォワードの育成は難しいですね。

ドバイ杯U-23決勝戦U-23サウジアラビア代表を破って優勝!!

パリ五輪世代U-21日本代表は29日の決勝戦でU-23サウジアラビア戦で1-0で勝利、3戦3勝無失点でドバイ杯制覇した。

Sponsored Links