鹿島アントラーズ内田篤人選手が現役引退を発表!

鹿島アントラーズ内田篤人選手が現役引退を発表!

Sponsored Links

23日が最後の勇姿。惜しむ声が・・・

8月20日(木) 突然の発表で、サッカーファンやJ関係者から惜しむ声があがっています。
23日のガンバ大阪戦がラストマッチ、ホームで引退の挨拶、24日に記者会見を予定しています、契約終了の8月31日までは鹿島アントラーズの選手として大忙しの毎日となるでしょう。

鹿島アントラーズのお知らせ

内田篤人プロフィール

DF内田篤人
DF内田篤人

内田篤人(ウチダ アツト)
■所属:鹿島アントラーズ
■背番号:2
■ポジション:DF
■生年月日:1988年3月27日
■身長/体重:176cm/67kg
■出身:静岡県
■経歴:函南SSS→函南中→清水東高→鹿島→シャルケ(ドイツ)→ウニオン・ベルリン(ドイツ)→鹿島
■代表歴:
▼2008年~:日本代表
・2010年南アフリカW杯メンバー
・2014年ブラジルW杯メンバー
・2011年アジア杯メンバー
▼U-16~U-20、U-22、U-23日本代表
・2007年U-20W杯メンバー
・2008年北京五輪メンバー

名実ともに日本を代表する右SB。
攻撃性がウリで、スピードと高いドリブル技術を持ち合わせており、「前を向くトラップ」が優れている。
鹿島でプロキャリアをスタートさせ、高い評価を受けて10年7月にシャルケへ移籍。
10年の南アフリカW杯ではメンバー入りしたが、出場機会はなかった。
シャルケでは守備力にも磨きをかけ、日本人選手として初の欧州CL準決勝出場も果たした。
14年のブラジルW杯では不動の右SBとして3試合に先発し、獅子奮迅のプレーを見せたが、チームは1分2敗でグループリーグ敗退に終わった。
15年6月に右膝を手術し、その影響で2シーズンはリーグ戦出場の機会なかった。
16年12月8日のELザルツブルク戦に途中出場し、約1年9か月ぶりの公式戦復帰を果たすも、その後は出場機会がなく、17年8月22日に恩師イェンス・ケラーが率いるウニオン・ベルリンに完全移籍した。
しかし、怪我もあって出場機会に恵まれず、18年1月に鹿島復帰が発表された
(ゲキサカ引用)

鹿島アントラーズ内田篤人が現役引退!理由は?

今シーズンはレギュラー落ちが続いていた鹿島アントラーズ内田篤人が8月末で鹿島との契約を終え、2020シーズンをもって現役を引退すると発表した。
内田は自身にとってホームでの最後の試合となる明治安田生命J1リーグ第12節ガンバ大阪戦(23日)の後に引退の挨拶をする予定とのこと。
内田はシャルケやウニオン・ベルリンとドイツの地でも活躍し、日本代表では74試合に出場しました。
内田篤人は全盛期は右サイドバックで世界で5本の指に入るくらいの活躍ぶりでしたが、2015年3月膝蓋腱を負傷したことが選手生命を事実上終わらせた要因となりました。
その後は、鹿島アントラーズのトレーナーと地道なリハビリで90分プレーするまで回復しましたが、全盛期のパフォーマンスには程遠く、本人も引退後は歩けなくなるかもしれないという膝の状態でプレーを続けていました。
引退後はルックスも良く喋りも上手なので解説者としても活躍できそうですしサッカーIQが高く両親は教師で冷静なメンタリティーを持つので指導者向きでしょう。
引退後もサッカー界で活躍して欲しいですね。
新型コロナウイルスの影響で各チーム経営難になるので、高年棒のベテラン選手の引退が今シーズンは増えていくと思います。
寂しいですが、第2の人生の方が長いですから、引退後も応援していきましょう。

引退を惜しむ声が続々と・・・・

高校時代の恩師、梅田監督は突然の引退発表に
「驚いた。自分のプレーに納得できていなかったんじゃないかな」


J1浦和のDF槙野智章(33)は盟友に自身のツイッターで惜別。


鹿島時代のチームメート・中田浩二氏(41)は早すぎる引退を惜しんだ。
「このタイミングでの発表は正直驚いた。近くで見ていてよく頑張っていると思っていたし、まだまだできるのでもったいないと思う。
セカンドキャリアがスタートするが、彼の経験は財産なのでアントラーズのためにも日本のサッカーのためにも生かしてほしい。ほんとうにご苦労さまでした。」


ワールドカップでチームメイトだった川崎フロンターレの中村憲剛選手
「けんちゃんより先には絶対やめないからー」って言ってたじゃないか…。


日本代表の長友佑都選手からは、10~11シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)の写真を載せて惜別の言葉を!

さいごに

右サイドバックの働きを大きく変えてくれた内田篤人選手、日本でもドイツでも多くのファンから惜しまれる声が聞こえていました。

これからの人生を楽しんでください。

お疲れさまでした、楽しいサッカーを有難うございます。